電力構造実証調査

Chandler Chapel at WKU

画像をクリックすると拡大します

ロケーション

ケンタッキー & テネシー

サービス

クライアント

テネシー・バレー・オーソリティ (TVA)

完了日

2013年、2016年

TVA との継続中の無期限配送 (IDIQ) 契約を利用して、 DDSは、東部ケンタッキーのウルフ クリーク ダムから 161kV 高圧送電線およびその地域の他の関連ユーティリティへのアップグレードに必要な測量サービスを提供するために連絡を受けました。テネシー州ハンツビルへ。

2013 年から、 DDSはこのルートに沿った 7 つの別々の構造物と、それぞれの間の電線のいくつかの現況調査を実施しました。その後、このデータは TVA と他の機関の両方で利用され、回線間の適切な間隔を可能にするサービス回線のアップグレードを設計しました。この再設計の目的は、ラインのたるみに関連する潜在的な問題を排除することでした。

上記のアップグレードが完了した後、 DDSはプロジェクトの場所に戻り、最終状態の追加調査を完了しました。これを行う際に、追加の調査方法およびツールとして 3D レーザー スキャナーを利用しました。そうすることで、現場にいるときの現場の状況を正確にモデル化することができました。さらに、このデータを使用して展示品とモデルを作成し、TVA に提供し、ラインに残っているたるみを実際の縮尺で示しました。